申し込むときは「おまとめローンを利用する」とはっきり告げる

おまとめローンは、インターネット、電話、自動契約機、窓口から申し込みができますが、主流となっているのはインターネット申し込みです。時間や場所を気にせず、申し込みページから必要項目を入力することでベースとなる情報をすぐに送ることができ、担当者と直に顔をあわせる必要がないので気軽に申し込むことができます。もうひとつは電話申し込みです。金融会社によっては、おまとめローンの申し込みを電話や窓口でしか受け付けていないところもあります。

申し込むときに気をつけなくてはいけないのが、提出する情報に誤りがないことです。インターネットを利用するなら誤字・脱字に気をつけなければなりませんし、電話口だと相手になかなか伝わらないなどの問題も出てきます。また、申し込む前に必要書類を集めておくこと、少しでも属性スコアリングの評価が上がるようにしておくことも大事です。固定電話がなければ契約をし、居住年数や勤務年数が1年未満ならそれまで待つことも時には必要になります。とにかく切羽詰った状態での申し込みはさまざまな面で危険なので、できるだけ余裕があるときに情報収集と対策を行うことです。

申し込むときに忘れがちなのが、おまとめローンを希望していることを伝えることです。インターネットや電話のおまとめローン専用窓口に連絡すると、当然自分がおまとめローンを利用すると分かっているだろうと考えがちです。「おまとめローンはこちらから」と書いてあっても、電話確認などのときに「おまとめローンを利用したい」と伝えましょう。これを怠ると、通常の借り入れを行なうものと見なされて、借入件数の多さから審査が厳しくなってしまいます。

「おまとめローンを利用する」と伝えないと審査が厳しくなると書きましたが、伝えたことで審査が甘くなるわけではありません。ただ、目的をきちんと申告することで「この人は多重債務を完済しようとしている」として考慮してくれるというだけです。そもそもおまとめローンの審査自体かなり厳しいのですから、キャッシングやカードローンより審査が甘くなることはまずないでしょう。ただ正確に情報を提出するという観点から見て、目的をきちんと申告することで審査時の評価が上がる可能性があるので、伝えて損はないでしょう。